【トラブルを未然に回避】物件ごとの原状回復をするケースをチェック

作業員

借りた状態に戻します

作業員

綺麗に回復させましょう

賃貸物件の退去時には必ず借主が原状復帰を行う義務が生じます。例えば、入居時についていなかった家電製品や棚などは全て撤去する必要があります。また、壁に釘や画鋲を打ち付けた跡が残っていると、壁紙ごと原状復帰をする義務が生じてきます。このため、最近では壁などに釘などを打ち付けてもよいスペースを予め設置している賃貸物件もあります。このようなスペースに打ち付けた釘などの跡は原状復帰する義務はないのです。最近では後付けでエアコンやウォシュレットを取り付ける家庭もありますが、家電はそのまま残しておくと貸主側のメンテナンスなどにもかかわってくることから、退去時には取り外す必要があります。日常の生活で付いた汚れやクロスや畳の傷みなどは原状復帰する義務はなく、あまりにひどい場合には敷金が充当されます。退去時には様々な面で原状復帰が求められるため、借主側はできるだけきれいに使用することや、棚などの設置やDIYを行う際には、原状復帰しやすい工夫が必要になります。DIYを行う際には、養生をおこなったり、壁紙や床材を傷めない工夫が必要になるのです。また、万が一、傷めてしまった場合には、仲介する不動産業者や貸主に相談をして、退去時には原状復帰の工事を行う必要が出てきます。この際にも、勝手に業者を手配するのではなく、仲介業者や貸主と相談をして、適切な業者に依頼することが求められます。基本的には退去時にはもとに借りた時と同じ状態に戻して、退去することになります。