【トラブルを未然に回避】物件ごとの原状回復をするケースをチェック

作業員

契約条件の確認

リフォーム工事

借主の責任範囲として

賃貸物件から転居や引越をする場合は、原状回復の工事が必要になります。原状回復とは、借りていた部屋を元の状態に戻すことです。人によって原状回復でなく原状復帰という呼び方をしますが、どちらも同じ意味を指しています。原状回復は、費用の相場と回復箇所の妥当性、自己責任の範囲を確認することが大切です。また、国土交通省の原状回復のガイドラインに、記載されている内容も把握する必要があります。このガイドラインによれば、通常生活をしていて生じる自然損耗は、賃料の中に含まれているので回復の義務は生じないことになっています。つまり、自然消耗の修繕費は、賃借人に請求することはできないということです。一般住宅で原状回復しなくてもいいのは、生活していて自然に出てきてしまう建物の劣化などで、畳の日焼けや家具を置いたことによる床の凹みなどがそれにあたります。しかし、故意に汚してしまった汚れやタバコの汚れは原状回復しなければいけません。また、お店や事務所の場合は、一般的な住宅よりも範囲が広く、後から置いた設備の撤去や室内クリーニングも必要になります。店舗や事務所の賃貸契約では、契約終了時に原状回復義務事項が定められていることが多いです。原状回復の平均費用は、賃貸内容で大きく変わりますが、決して安い費用では済みません。しかし、費用を全てを負担しなくても良い場合があります。住宅賃貸物件には、設備の耐久年数を基準にした算出方法により借主に有利な部分もあります。転居などの前には、契約書に記載されている原状回復範囲や、精算方法などを調べておくことが必要です。