【トラブルを未然に回避】物件ごとの原状回復をするケースをチェック

作業員

元の状態に戻す作業

空室

大家と入居者の費用負担

原状復帰とは、文字通り物を原形に戻すことで、賃貸物件の入居者にはこれが義務として課せられています。たとえば窓ガラスを割ってしまった場合には、入居者が費用を負担して修理する必要があるのです。こういった原状復帰は、特に退去時によく行われています。というのも原状復帰は、借りた物を元の状態にして返すという、人として当然のマナーから生まれた義務だからです。そのため返す時には、特に慎重に行っておく必要があるわけです。そのままの状態で退去することも可能ですが、その場合は大家が原状復帰を行い、費用を入居者に請求することになります。ただし入居時に敷金を徴収していた場合には、それが原状復帰の費用として充てられます。もちろん不足していた場合には、その分が入居者に請求されますし、十分に足りていた場合には、残金が返されます。ただし、中には敷金では全く足りないほど、大掛かりな修繕が必要となるケースもあります。たとえば床の張り替えや浴槽の交換などですが、これらの費用を支払うことは、入居者にとって大きな負担となります。そのためこういった大修繕に関しては、大家が費用を負担することが一般的となっています。逆に、切れた電球の交換など費用負担が少ない小修繕については、入居者が自分の義務として行う必要があるわけです。もちろん大修繕にしても小修繕にしても、行わずに済むことが、大家にとっても入居者にとっても最も良いことと言えます。そのため入居者の真の義務は、借りた賃貸物件をできるだけきれいに利用することとされています。